美肌や美白のスキンケアに有効な成分フルオロウラシル

フルオロウラシルはフッ化ピリミジン系代謝拮抗剤です。
抗がん剤の一つとして利用されていますが、代謝拮抗剤は代謝過程において生成される代謝物質などの利用を阻害できる物質のことです。
細胞成長や細胞分裂などを妨げることによってがん細胞の増殖を予防する効果があります。

若くて健康な肌や美肌を維持するため肌のターンオーバーを促すことが必要で、肌を作る細胞は基本的に28日周期で生まれ変わります。
新しい細胞が作られた後に古い細胞が剥がれ落ちるという新陳代謝が行われ、ターンオーバーとも呼ばれています。
この新陳代謝がダウンするとお肌の生まれ変わりが行われなくなったり、しわやシミ・ホクロなどの皮膚トラブルなどが起きやすいでしょう。
新陳代謝を促すのと抗ガン剤フルオロウラシルには関係があり、フルオロウラシルは代謝拮抗剤で抗ガン作用を発揮することが可能です。

古くなった細胞を破壊することができ、この古い細胞を壊し新しい細胞を作るという考え方はお肌のターンオーバーを促すスキンケアや美肌の考え方と重なります。
肌のターンオーバーを促すことで、お肌にできるシミや黒ずみ・ホクロなどを改善することが可能です。
新陳代謝を促進することでメラニンによる色素沈着などを解消することができるので美白や美肌に効果があります。

フロニダクリームは代謝拮抗薬と呼ばれている「5-FU軟膏」のジェネリック医薬品です。
5-FU軟膏の成分フルオロウラシルは細胞の遺伝子情報を持つDNAが作られるのを予防し、がん細胞の分裂や増殖などを抑えることができます。
5-FU軟膏はもともと抗皮膚がん治療薬として利用されていましたがホクロやシミに効果があると分かり、コラーゲン生成を促進しシワを目立たなくすることも可能です。
最近では美肌スキンケア用品として利用されるようになっていてクリームの塗り方は単純塗布や重層療法・密封療法などがあり、フロニダクリームの場合は単純塗布です。
症状によって使用期間や使用量は異なりますがフロニダクリームを使用している間、日焼け止めを利用することをおすすめします。

もともとは抗がん作用があることからがん対策で使用

フルオロウラシルは代謝拮抗薬において「ピリミジン拮抗薬」に区分される抗がん剤の一つです。
日本では「5-FU」という注射薬が販売されていて、静脈注射や点滴静注によって投与されています。
フルオロウラシルはもともと40年以上前に開発された抗がん剤で、多くの薬が登場しましたが主に大腸がんの化学療法に使われていて中心的な役割があります。
経口薬などもありフルオロウラシルを元に開発された薬もあります。

DNAを構成する塩基はプリン塩基(アデニン・グアニン)とピリミジン塩基(チミン・シトシン・ウラシル)があり、この内ウラシルの一部にフッ素をプラスして人工的に作ったピリミジン塩基がフルオロウラシルです。
フルオロウラシルを投与すると正常な塩基と間違い体内に取り込まれますが、細胞のコピーが上手にいかなくなりがん細胞は消滅へと追い込まれる仕組みです。
大腸がんや食道がん、頭頸部がんなどのさまざまな治療に利用されていて、他の薬と併用しながら投与されています。

例えば大腸がんの場合はフォリン酸やオキサリプラチンと併用するX療法やフォリン酸やイリノテカンと併用する方法などがあり、転移進行性の大腸がんなどには第一選択として利用されています。
フルオロウラシルの成分を利用したフロニダクリームはジェネリック医薬品なので、リーズナブルな価格で購入することができ美肌や美白効果もあるので便利です。
フロニダクリームはお肌のターンオーバーを促進することによってシミやシワ・ホクロなどに効果があり、美白や美肌に整えることができます。
ジェネリック医薬品なので安価で購入することができ、インターネットの薬剤サイトを利用すると簡単に注文することが可能です。