ヒトプラセンタ配合なんて日本では聞いたことが無い

今話題のプラセンタには、ヒト由来のものとそうでないものがあります。
通常世の中で耳にするものといえば、豚や馬といった動物の胎盤から抽出したものをいうので、ヒトプラセンタという言葉はあまり聞きなれない人も多いものです。
しかし実際には、医療や美容方面の分野で現在活用されているのです。

プラセンタエキスは多くの人たちが知っての通り、哺乳類の胎盤から抽出した成分であり、胎児の成長に欠かせない豊富な成分が入っているのです。
人間であれ動物であれ妊娠して体の中にある胎盤は、子供を育てるために必要な成分が沢山入っているので栄養素の宝庫ともいえます。

国内で利用されているプラセンタは大きく分けて2種類あり、医薬品として使われるヒトの胎盤から抽出したプラセンタと、化粧品や健康食品として使われている豚や馬などのヒト以外から抽出したプラセンタがあります。

ヒトプラセンタの使用は主に医療医薬品に多く使用され、更年期障害や乳汁分泌障害、また肝疾患の改善に使用されています。
或いは美容外科などでは、本人希望の自由診療でプラセンタ注射を扱っているので、希望者は受けることができます。
ヒトプラセンタには、成分としてコラーゲンやヒアルロン酸を作り出す細胞を増やす物質が含まれているので、プラセンタ注射を打つことで、ほうれい線やシワなどの肌トラブルが改善されるのです。

更に、ヒトプラセンタの効果をいえば、アトピー性皮膚炎の改善にも効果があり役立っているものです。
プラセンタに含まれている免疫抑制物質が、アトピーの原因になり異常を起こしたリンパ球を取り除くというものです
ヒトプラセンタは薬事法により、医療品以外には配合できない決まりになっているので、自分で簡単に購入することはできません。
しかし通っている病院で処方してもらえば、国の基準をクリアしているので可能になります。
よってヒトプラセンタは、皮下注射による摂取が一般的になっています。

日本のプラセンタ商品は豚や馬由来のプラセンタが多い

今の時代国内のプラセンタの商品は、一般の人たちの多くが知っている豚や馬由来の物が多くなっています。
数十年前までは、羊などの胎盤エキスが化粧品に配合され使われていましたが、現代は豚や馬が一般的となっています。
会社によっては、以前問題になった哺乳類もあるので、全商品豚由来にしているところもあります。

哺乳類の中でも、馬の脂は人間のものに近いということから、馬油クリームとして販売されているほどです。
豚や馬から抽出した胎盤エキスはプラセンタの名称で、美容方面の化粧品に使われていて、特にアンチエイジング用の化粧品や美容液などの商品で、多くの人たちに活用されているのです。
プラセンタの効果は絶大であり、年齢を重ねた人たちには無くてはならない存在となっています。
この成分が入っているだけで、肌の張りやシワにも効いていく改善力があるのです。

その反面プラセントレックスジェルは、ヒト由来のプラセンタですが治療アイテムの一つとなり適用範囲が広いとされ、脂漏性皮膚炎の人にも治療として使われているものです。
プラセントレックスジェルは抗酸化作用など大変良い効果があるとして人気があります。
特にステロイドのような依存性もなく、治療し肌の回復力が付いてきた段階で、商品の使用回数を減らしたり中止したりすることも可能です。

このように胎盤エキスとは、人間の子供一人育ててしまうほどの栄養素が詰まっている貴重な存在であり、それが美容などでアンチエイジングを希望する人たちに使われ喜ばれているのです。
今ではプラセンタの原液100パーセントの美容液まで販売されていて、まるで胎盤エキスそのものを毎日使用しているようで贅沢この上ないものです。