まつげ育毛剤ルミガンとケアプロストの違い

まつ毛育毛剤で人気の商品に、ルミガンとケアプロストがあります。
どちらもはじめは緑内障の人の眼圧を下げるための点眼薬として利用されていました。
けれども、ルミガンやケアプロストを利用した人からの声で、使用する前と比べてみてまつ毛が濃くなったという副作用が多く発生しました。
副作用ではありますが、この効果を活かしてまつ毛育毛剤での新たな道を歩むことになったのです。

まつ毛がふさふさとして本数が多く長さがあるということは、目力がアップして魅力的な目元を作ることができます。
女性であればメイクをしてマスカラを塗ったり、まつ毛エクステンションをつけるといった方法でまつ毛のボリュームをアップさせることができます。
マスカラはメイクを落としてしまえば一緒に流れ落ちてしまうことになり、まつ毛エクステンションも土台となっているまつ毛が抜けることによって一緒に落ちてしまいます。

もともとのまつ毛にボリュームがあれば、ノーメイクでも目元を強調することができ、手を加える必要もありません。
ルミガンやケアプロストは、美容に関心がある人に注目されている薬であり、緑内障の治療とは違って塗って使用することになります。

ルミガンとケアプロストは、どちらもビマトプロストという成分が共通しています。
ビマトプロストは、まつ毛を長く成長させるとともに、細いまつ毛も太くしっかりとした毛質に変化させる、本数を増やすといった効果があります。
ビューラーでまつ毛を押し上げてマスカラを塗ったり、まつ毛エクステンションをつけるということは、まつ毛にダメージを与えていることになります。

他にも、まつ毛の根元にアイラインを引いていて、メイク落としがしっかりとされていなければ、まつ毛の根元の環境が悪化することになり、それによってまつ毛が抜けてしまうというトラブルも発生することになります。
ルミガンやケアプロストは、これらのダメージを受けて悪化したまつ毛やその生え際の環境も取り戻すことができるとともに、もともとまつ毛が細く薄かった人にも今までにない効果があるというのが人気の秘訣です。

ケアプロストはルミガンのジェネリックなので安い

ケアプロストとルミガンが同じ効果がある成分でありながらも違う名称がつけられているのは、製造して販売している製薬会社に違いがあります。
ルミガンはビマトプロストを開発したアラガン社が作っている商品となり、先発医薬品です。
一方、ケアプロストはサンファーマ社が販売している後発医薬品、つまりジェネリック医薬品となってきます。

アメリカの米国食品医薬品局では、2009年から認可されているジェネリック医薬品であり、日本の厚生労働省にあたるアメリカの政府機関からの認可でもあるので安全性が確保されています。
ただし、日本ではケアプロストを手に入れることができません。

日本では美容皮膚科などの医療機関において美容目的でルミガンを手に入れることはできます。
けれども、病気の治療ではないことから保険を適用させることができないので、費用は全額負担となってきます。
また、医療機関にかかるということは、ルミガンそのものの価格にプラスして医師の診察料や初診料などの費用もかかることになってきます。
たった一つのルミガンを手に入れるにも思っていた以上に高額になってしまいますが、予算を抑えたい人に選ばれているのがケアプロストです。

ケアプロストは、ジェネリック医薬品であるということからルミガンに比べて費用はとてもリーズナブルです。
けれども、日本国内ではケアプロストを美容目的として利用することが認可されていないため、海外から購入するしかありません。
個人輸入代行を行っている業者から購入することになります。

海外からケアプロストを手に入れるとなると、関税の手続きや送料など一般の人では手続きが難しく、最終的にいくらになるのかも分かりません。
個人輸入代行業者に頼むことによって煩わしい手続きを全部済ませてもらうことができ、費用も最終的な価格で初めから表記されています。
手数料や送料、税金などを考えてみても、ルミガンを日本国内で購入するよりも安いことから多くの人に利用されているのです。