美白ケアを行う方はとても増えています。
年齢とともに、お肌にも様々な老化現象が出てしまいますが、その一つにシミがあります。
シミの中でも女性ホルモンの影響があってできてしまう肝斑(かんぱん)は広範囲に出来る事で目立ちますので、気になってしまう方も多いです。
美白化粧品での対応は難しいため、トラネキサム酸という有効成分を内服していく事によって薄くしていく事が出来、美容皮膚科などでも処方されています。
個人輸入でもドラッグストアでも手に入れることは出来ます。

なぜトラネキサム酸が肝斑に効くのか?

まずシミが出来るメカニズムとして、肌のメラノサイトを何らかの刺激が起こる事でメラニン色素というシミの原因と言われるものがケラチノサイトにたまることでシミはできてしまいます。
トラネキサム酸は、もっとも初期の段階とも言われるメラノサイト活性化因子(プラスミン)を阻害して、メラニンをつくるための情報伝達を遮断することが出来ます。

紫外線や女性ホルモンなどの刺激誘因物質が、ケラチノサイトに働きかけると、メラノサイト活性化因子であるプラスミンが産生されて、そこからメラノサイトでメラニン色素が作られてしまいます。
このもっとも初期の段階でプラスミンを遮断し、メラノサイトに活性のシグナルが届かないようにするのがトラネキサム酸なのです。
そのためトラネキサム酸のプラスミン阻害作用は、肝斑(かんぱん)のもとを抑える第一段階といえるでしょう。

トラネキサム酸を含む治療薬には、LシステインやビタミンCが配合されている事も多いです。
L-システインは、メラノサイト内で酵素チロシナーゼをブロックすることが出来、ビタミンCはできてしまったメラニンを褪色させる直接還元作用もあるため、相乗効果でかんぱんにも効果があるのです。

トラネキサム酸は、初期段階のメラニン色素が出来ると言った状況を遮断する効果があります。
それ以外の成分が配合されている事で、酵素チロシナーゼをブロックし、産生されたチロシナーゼがチロシンを活性するのをブロックすることにもつながります。
そのため、美白化粧品だけでは得られることが出来ない肝斑への効果も期待することが出来ます。
お肌の内側からシミが出来るメカニズムに対応できる治療薬に配合される成分として注目されています。

トラネキサム酸が含まれる治療薬

トラネキサム酸が含まれている治療薬は、主にシミや肝斑に対応できるものと、風邪薬など喉の痛みに対応できる治療薬と大きく分けて2つあります。

シミの中でも特に肝斑に効果があるという事で出ているのが「トランシーノ」です。
ドラッグストアなどでも購入することが出来るアイテムで、お値段は240錠で6300円です。
一般的なお薬と比較すると高いと感じる方も多いかも知れませんが、美白化粧品では一度できてしまったシミには効果があまり期待出来ません。
また、内側から作用する強力な美白アイテムと考えれば美容皮膚科などで受けるレーザーと比較するとコストパフォーマンスとしてそこまで高くはないでしょう。

トランシーノにはトラネキサム酸だけではなくL-システイン、アスコルビン酸(ビタミンC)ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)、パントテン酸カルシウムなども配合されています。
この成分によって、さらにシミに対応できる力があります。

ちなみに、かんぱん以外の目的でもトラネキサム酸は使われていて、特に内科などでは風邪の症状によるのどの痛みにも対応できる事で、風邪薬やのどの痛みを抑えると言った事でも薬に配合されています。
ペラックT錠や新ルルA、ベンザ鼻炎薬、コルゲンなどもトラネキサム酸を含む治療薬として販売されています。
肝斑の治療で用いられる前は、そもそもが喉の痛みや炎症を抑えると言った目的で使われていたこともあり、昔から風邪薬には配合されていました。
もちろん今も、病院で風邪の診断を受けた際にはトラネキサム酸が処方されることもしばしばあります。

トラネキサム酸と言えば肝斑の治療でも使われているのがメジャーではありますが、風邪薬でも使われます。

治療薬の使用方法や副作用

トラネキサム酸を含む美白治療薬でもあるトランシーノを使用する場合には、シミに有効ですが肝斑のみに有効です。
15歳以上の方で1回2錠を1日2回食後に服用していきます。
ちなみに、この薬に関しては8週間飲み続けてお休みをするという事が求められています。
8週間以上飲み続けたときの安全性というものがまだ報告されていない事もあり、そもそもこの8週間の期間で効果を感じる方が多くそこで1度ストップするというのが重要なポイントです。
もし8週間服用しても効果が無かったという場合には、肝斑ではない可能性も考えられますので、使用を中止して医師に相談してみましょう。

ちなみに、トラネキサム酸を含むトランシーノの副作用には、皮膚では発疹や発赤やかゆみ、消化器系では吐き気・嘔吐、腹痛、食欲不振、胸やけなどがあり、その他動悸やめまいや頭痛と言ったことがあげられます。
個人差もありますし、まれなケースではありますがこのような副作用がありますのでもし症状を感じたら服用を中止して薬剤師や医師に相談することをお勧めします。

服用をしてはいけない人もいます。
まずけいれんを起こす可能性もありますので、透析療法を受けている人は服用してはいけません。
さらにトラネキサム酸を含む内服薬を服用している場合には、重複して飲む事を避けましょう。

服用前には、持病を持っている方は医師や薬剤師に相談をすることが大事です。
特に血栓症のある人(脳血栓、心筋梗塞、血栓性静脈炎、肺塞栓症等)や腎臓病の方は注意が必要です。
第一種医薬品は薬剤師のいるドラッグストアで購入することが出来ますが、使用に関しては基本的に自己判断になりますので注意が必要となることもあります。

個人輸入の通販で海外から入手する方法

トランシーノは薬剤師のいる薬局やドラッグストアで購入することが出来ます。
しかしそれ以外の購入方法としては、個人輸入という方法でも手に入れることが出来ます。
ちなみに個人輸入というと、なんとなく難しそうというイメージも持つ方もいるかもしれませんが、実際には一般的な通販と同じ流れでの購入が可能です。

その際通販をするにしてもどこかの会社を利用することになり、日本ブランドであると安心です。
海外メーカーですと英語表示であったり、また信頼性が低い、そして口コミなどもみられないこともありますので、実際に利用した方の口コミ評判なども閲覧できるような安心できるサイトからの購入をお勧めします。

日本国内の通販よりも商品が届くまでに期間を要する事も有りますし、場合によっては輸入するためお値段が少し高くなる事も有ります。
しかし、病院で受診をして処方してもらうことを考えた時には、逆に個人輸入をしたほうが安くなることもあります。
また確実に肝斑だとわかるようなシミの場合には、病院を受診することは時間的にも面倒だと感じたり自己判断で薬を飲みたいという事でしたら通販を利用して購入するのも一つの手段と言えるでしょう。

日本でもトランシーノでしたら通販サイトから購入することが出来ますし、割引されての購入が出来る場合もあります。
海外での製品を購入する場合には、成分などもきちんとチェックできるところ、また安全のことも考えて混ぜ物がされていないかなど確認できる信頼のサイトを利用するようにしましょう。
成分で何が配合されているかをきちんと確認することが大事なポイントです。
支払いはクレジットカード払いというのが一般的ですが、振込などを利用することが出来る場合もあります。